fc2ブログ

プロフィール

濱童

Author:濱童
気がついたら結婚して30年超、子供たちも大人になって夫婦なんとなく仲良くやってます。趣味のバイクは、無名の折りたたみ自転車からESCAPE R3 2007、SCOTT SPEEDSTER S65 FB 2009、2012年8月に TREK MADONE 4.5 すでにフレーム以外は別ものかも。海、山、峠、里山の香りを求めて走っています。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2ブログランキング

ランキング参加中!!

FC2ブログランキング

今日も一押し頼みます。

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブログランキング くつろぐ

ランキング参加中

くつろぎの一押し! お願いします。

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

幸せとは

昨日、娘をくださいと素朴な青年が来ました。「親父の一番長い日」が終わりました。二人の幸せを祈りたいと思います。
スポンサーサイト



親父の一番長い日

今日、娘をくださいとどっかの馬の骨がくるらしい。「親父の一番長い日」がはじまる。

夕食の妻との会話

最近は夫婦二人の夕食も多くなってきました。
長男は同棲、娘は今日も彼氏と一緒かな。
そんな妻との夕食で妻曰く
「昨日で○○(長男)は離職したんだった」
退職する日にちまでは聞いてなかったので、お父さんにはLINEも無しかと独り言。
5月にアタクシが離職して9月に長男が離職とは何か皮肉です。
だんだん寂しくなるなあ。

祖先のこと

断捨離はなかなかうまくいきません。
整理していると、父から譲り受けた我が家の家系図、流石にこれは捨てられません。ここでまた手が止まり読み始めました。
祖先である文中先生から始まり、最下部に父の名前。書かれてないけど次に濱童夫婦に長男、長女が続く。歴史は続くのだなあと、当然ですが不思議な感じ。元をたどると、ご先祖様は藤沢(当時は鎌倉?)の郷土史書に残るとはそれなりに由緒ある家系らしい。

調査時の報告書の抜粋引用

20.文中先生の墓、平氏満の墓
文中先生は慈眼寺の下に屋敷があり医業の傍ら寺小屋式の学問を教えていた。村岡地内に門下生として高谷鈴木太吉、弥勒寺永井由蔵、渡内石井藤吉氏がいる。この鈴木太吉氏外宮前の林重太郎、渡内の福原藤太郎も同じ門下と聞くがさだかではない。いづれにしても弟子一同が文中先生の碑を明治9年に建て弥勒寺に永代施餓鬼料を寄進、今でも毎年盆には2本の塔婆が上げられている、この先生の細君が福原増三さんより嫁がれている。細部は今後の調査にしたい。

江戸時代の医業の傍ら寺小屋で学問を教えていたそうです。今の学習塾かな。
ただ家系図を見ていると複雑で、養子縁組とか家督相続、養子縁組するが離婚とか、記述がないけどどうも愛人?お妾さん?の子孫とか?お盛んなご先祖様のお身内の方もいたようです。
下の方を見ると現在の濱童の祖父、父に行き着き、濱童家の長男が直径嫡男となるようです。
墓守は女性家系の末裔がお墓を守っているそうで、親戚になるのですが顔も何も知りません。

どうも道路区画事業に引っかかって、お墓の移動で役所で家系図(役所で作成?)から関係者に連絡があり、役所、ご住職、父や父の弟、その関係者(親類)が立ち会ったとか。お墓には6体とか7体が掘り起こされたと父から聞いた記憶があります。
医業と言えば大叔父までは医者をやっていたのは知っていましたが今はわかりません。
昔はやったルーツですね。文中先生はどこからどうやって来たのでしょうかね。
また、これで断捨離が遅くなりました。でもちょっと夢中になる時間て嬉しいかも。

故人を偲んで

妻の友達が昨年、車に轢かれて亡くなった。
ダンプのトラックが歩道をまたいで信号を曲がるときに不注意で轢かれたという。
人間の死はあっけなく訪れる。
悲しみは少しは癒えただろうか。ご主人も重病を患ったと聞いた。聞けば息子さんは私の後輩だとか。
我が家に眠っていたロードバイクをご主人に譲ったのも最近のような気がする。
基本的に人生も起伏はあるものの平等と思っているので、いつ底から幸せに上昇するのだろうか。
今日は故人の友達である妻たちで手を合わせる。