Mattery 日週月記2006年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山出張~フィリピンパブ、後楽温泉

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

発端はときめきだったけど

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

パニックの後の幸せ

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

今日の幸せ

GWあけの1週間は長くきつかった。
土曜日も雨、日曜日も午前中は雨でじっとしてたけど、
午後から雨は上がりさっそうと地元のぶらり散策サイクリングに出かけた。


今日の徳善寺は雨上がりに緑が美しく映え季節感を感じさせてくれた。
心の疲労も軽やかにしてくれるようだ。 うれしい。

そうそう、夫婦ともに肩こりが激しくてマッサージ機を買ってしまった。
13万の型落ちはすごっく魅力だったけど居住空間が損なわれるために、
やむなく座椅子型の安価なのを買ったけど結構使えそう。
今日も湯楽の里から帰ってコリコリをリフレッシュ。
当分は楽しませてもらおうと思う。


200605141513001.jpg   


大和のこの土地は戦場の歴史



課所長会議

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

深見城 境川サイクリングコース

GWも今日で終わり。 明日から休み明けの超多忙勤務。
この休みは浜童としては良く走ったなあ。
おとといはイオンとヨーカドーに買い物に行った後、浜童だけ折りたたみ自転車でぶらり散策サイクリング。
七里ガ浜まで行ったから今度は逆に町田方面へ。 風が強いなあ。

深見城へ回る。
いつ築城されたかは定かではないようだが、享徳4年(1452)のころ、瀬谷郷には山田伊賀守経光という豪族が居城していていたとされる。これも推測のようだ。
空堀とか累土の名残と言うが素人なのでわからない。
ただここに 「天竺坂」 と案内柱が埋まっている。 チャリで奥に進む。

  深見城跡   長堀遺跡
 

下鶴間の長堀遺跡の案内板もある。 土器が多数出土したとある。


あたりは緑が多く浜童の大好きな里山風景が見れる。
癒されるなあ。 


  200605051254000.jpg  200605051303000.jpg


しかしこの 「深見城」 は 別名 「一の関城」 とも言う。 
見事な里山風景、里山道を無理矢理行くと森の中を清々しい風が疾走していく。
デジカメを持ってくれば良かった。 今日は携帯電話のデジカメでいささか心細い。

     田園風景

さらに気ままに走らせる。 追い風で走ってるようだ。 楽だからなあ。
おお、立派な神社だ。 諏訪神社と書いてあるけど、結構この名前はあちこちにある。
左馬神社と同じだなあ。 


  200605051342000.jpg


ここ鶴林寺境内には「下鶴間学校跡」の石碑があります。明治6年に村の仮校舎で学校を設立したという。 このあたりは昔ながらのたたずまいをにおわせる。
それもそのはず下鶴間宿があった場所で、旧街道・矢倉沢往還である。



  200605051331000.jpg


 ゴールデンウィークは終わるけど、まだ、誕生日特休が残っているので、今月中に1回休みが取れる。 さあてとどこに行こうかな。
そうそう、娘が東京ディズニーランドに連れてってと言っていたっけ、娘のご機嫌取りでもしておこうかな。

まだ、ぶらり散策サイクリングはずっと続く。

境川サイクリング

ゴールデンウィーク5月の5連休だ。
長男は部活、娘は妻と横浜に買い物だとか。 ま、痴話げんかもあってうるさいのがいないと静かだ。

と言うわけで境川サイクリングロードを疾走することにした。 どこまで行くかは気の向くまま、風の吹くまま、なすがまま。

良い天気だなあ。 微風が心地よい。散策するカップル、家族連れ、本格的サイクリングする人。 
みんな楽しそうだ。

それではスタート。


Img_3189(GW).jpg


Img_3187(GW).jpg


諏訪神社が見えてきた。


Img_3179(GW).jpg


大和、泉区の田園で地元の自治会か、凧揚げ大会をしていた。 風がないのでだめだあと、地元の町内会かな? 長老様達ががにこやかにぼやいて酒を飲んでいた。
ラジコンヘリコプターも飛んでる。 良いなあ。

俣野の天王森泉公園に立ち寄り。
1911年に和泉町での製糸工場を復元してこの土地に移築した物で以前にも家族でサイクリングに来たことがある。 非常にのーんびり、時間がゆっくり進む感じだ。 おばさん達は土間で説明を聞いているというよりも、お茶飲みにきているようだ。 緑に囲まれていてすばらしい。
裏に回ると散策路。 小さなわさび畑、キノコ栽培をしている。 夏は竹林が涼を誘うだろうな。
子供が二人、かえるかザリガニを探しているのだろうか。 浜童を見て 「アキバ系だなあ」 とにこやかに言う。 おいおい、そう見えるの?(笑)


Img_3191(GW).jpg


Img_3197(GW).jpg


Img_3228(GW).jpg


Img_3231(GW).jpg


Img_3238(GW).jpg


Img_3245(GW).jpg


Img_3251(GW).jpg


また、サイクリングコースに戻り、藤沢方面へ。 とりあえず川名・新林公園へ。
はじめてきたけどここは家族連れでいっぱいだ。
リュック背負ってカメラ片手に古民家へ。 なんか古民家づいてるな。
土間って懐かしいな。 浜童が引っ越してきた昭和38年頃から40年代前半は、まだ、このような家があったような気がする。

Img_3267(GW).jpg


Img_3265(GW).jpg


ザリガニ池(勝手に命名)を通って川名大池へ。 ここはバードウォッチング用に池までは行けないようになっている。 すぐ目の前の木の上でリスが鳴いている。 人に馴れているみたいだなあ。
池の畔の藤の花が咲いている。 今年は見る時機を逸してしまったようだ。 残念。


Img_3290(GW).jpg


 


山道を散策して時間は14時。 七里の義兄に電話して広町緑地でも散策に誘おうとしたけど、生憎不在。 ひとりで行くか。 藤沢市街地を走り抜けていく。 走りにくい。

裏道にいっちゃへと、勘を頼りに走る。 路地がある道で懐かしい。
見覚えるのある道に出た。
泉蔵寺、諏訪神社、密蔵寺、本連寺、常立寺、湘南江の島駅に出る。
義兄の長男がバイトしているコンビニ立ち寄る。 今日はいないようだ。
飲み物とカロリーメートを買う。 ちょうど良い、ウェイトトレーニングだ。


さすがに人通りがすごい。 腰越駅までの一部路面電車になる江ノ電が走って来た。
毎度のごとく線路をまたいでいる車(外車)がいて電車が通れない。 休日によく見る風景で、係の人が誘導している。

広町緑地に到着。
時間も時間なので静かだ。 数人に出会う。
いつ来ても見つけられない蟹がいるかな? いないなあ。
見たかった藤の花は桁違いに少ない。やはり終わったのかな。
それでもいつものポイントでパチリ。 山や尾根の景観が変わっている。
台風とか土砂崩れなのであろう。 休田していた田んぼが復活している。
ドジョウはいるかな? 以前の室生ヶ谷はいっぱいいたのにな。雨が降ると海水が逆流したかヨシノボリも顔をのぞかせていたけど、今日はみられない。
ボランティアの方々が倒木や枝で木の橋を作ってくれたようだ。


Img_3297(GW).jpg


Img_3295(GW).jpg


Img_3293(GW).jpg

Img_3294(GW).jpg


オタマジャクシは? いたいた。 元気に泳いでいるのもいれば、別の沼では日陰だからか、真っ黒な寒天状からまさに飛び出ようとするのもいた。 生きとし生けるもの。 すばらしい。

Img_3305(GW).jpg


16時になる。そろそろ帰ろうかな。
帰り道、沢近くのかわいい尾根道でがさがさ音がした。
よく見ると蛇だ。 それも間違いなく 


    「 ま む し 」  だ。  びっくり。


近くによって写真に撮ろうと思ったが草むらに逃げてしまった。
噛まれたらたいへんだと思ったら、後ろから中年ご夫婦がみえられた。
すかさず、 「蛇がいますので注意してください」 と言う。
ご主人は見つけたらしく、「うわ、いたあ」 あわてたようで滑って転けそうになる。
奥様は不安そうに待って、旦那さんがゆっくり来なさいと言っている。
自分は転びそうになったのに(笑)
奥様にはお礼を言われて、何となく安堵した。

さすがに疲れたなあ。 帰りに「湯楽の里」へ寄って一風呂浴びる。
うちに帰って冷えた発泡酒でグビッと。 最高だねえ。
明日は何しようかな。 子供達と近くの買い物だったかな? 忘れちゃったな。
お小遣い日だ。 浜童が子供達にお小遣いをあげていたのでした。
それを合わせて何かを買うんでしょ。 かわいいものですわ。
疲れた。疲れた。

部門長面接

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

| BLOG TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。