FC2ブログ

プロフィール

濱童

Author:濱童
気がついたらしっかり壮年。
会社と家庭と様々な環境の中で、日々を縦に横に斜めに見ながら生きてます。なんて、なかなか見られないんだなあ、これが。
それでも趣味のバイクは、無名の折りたたみ自転車からESCAPE R3 2007、SCOTT SPEEDSTER S65 FB 2009、2012年8月に TREK MADONE 4.5を購入、海、山、峠、里山の香りを求めて走っています。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2ブログランキング

ランキング参加中!!

FC2ブログランキング

今日も一押し頼みます。

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブログランキング くつろぐ

ランキング参加中

くつろぎの一押し! お願いします。

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

清水谷戸池 ~知らなかった

鎌倉の里山をあちこち歩いた。
新林公園や御霊神社、手広の青蓮寺切り通しなど穴場的なところは
こよなく愛して歩いたけど、この近くに谷戸があったとは。浜童としてはまだまだ、甘いなあ。(笑)

さて、入り口で自転車から降りて里道を歩いていく。 
 Img_4890b.jpg IMG_4891.jpg

谷戸だなあ。 ♪~ウサギ追いし、かの山~♪ 嬉しいなあ。
お、田んぼだ。 わんちゃんがちょこんと畦に待ってる。 ご主人は田を耕してる。

Img_4894b.jpg

山には入るときれいな草花が一画だけ咲いてる。

更に奥に行くと

     「ウォー、 洞窟だあ」
Img_4896B.jpg Img_4900B.jpg

位置的には結構高いところにあるけど、どうやって何のために?
鎌倉は「やぐら」という昔のお墓は有名だけど、これはそれとは違う洞窟だ。
中にはちょっと入れないな。 のぞき込むと、奥は特に何もないけど棚がある。
何があったんだろう。

洞窟の反対側は沼がある。 近づくと賑やかに波が騒ぐ。
Img_4904B.jpg

たくさんのおたまじゃくしがいっせいに泳ぎ始めた。 なんか沸騰したみたいだ。
更に奥に行くと、また洞窟を見つけた。 この里山にはまだたくさんあるのかな。
Img_4917B.jpg Img_4911B.jpg

一説によると奈良時代だとかと言われているけど、どうかな。

更に進むと落木、枯れ木が道をふさぐ。 行く手を阻むシダも群生して深い。
Img_4924B.jpg Img_4921B.jpg

今度は戻って谷戸池があると言われている方に向かう。
焦って湿地に靴がはまって、脱げちゃった。 おろしたての靴下がズボ。 奥さんが怒りそう。

気分を取り直して進むと竹の間に穴がある。
Img_4938B.jpg

抜けていくと、 「やった。 谷戸池だ。」
Img_4961b.jpg Img_4965b.jpg Img_4952b.jpg

浜童にとっては穴場の穴場。 知らなかったからな。
ここはヒキガエルの鳴き声がすっごく不気味。

   「ぐぅあー、ぐぅあー」 そして「ポチャン」

藤の花は朝陽が不足しているからか淡い。
Img_4974b.jpg

でも、とっても神秘的。
谷戸を一周。 歩く度にヒキガエルの鳴き声と飛び込む音。
微かに風の音がする中、ずうたいが大きいから、飛び込む音が大きい。
これは夜はダメだな。 怖すぎて。
感動の興奮の谷戸池探索でした。 そんで37kmポタ 「早起きは三文の得」でした。

スポンサーサイト