Mattery 日週月記鎌倉・七里ガ浜 広町・藤の花~佛行寺・ツツジ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌倉・七里ガ浜 広町・藤の花~佛行寺・ツツジ

GW二日目。 初夏を思わせるような1日でした。


義兄よりメッセ


朝、5時起き。義兄からメッセンジャーが入る。 大雄山に行こう?


今日はもう最初から鎌倉広町の森に藤の花を見に行く予定でしたので、「だめ」。


ならば義兄の 「お付き合いしましょうか」 と言うことで、いざスタート。


愛車バイクESCAPE R3が走る。


朝の境川サイクリングコースは寒い。 手が悴むが爽快。


IMG_0963.jpg IMG_0964.jpg

人は少ないかと思ったら、さすがに朝から散策、自転車が多い。


快調にとばして、休憩ポイント、遊行寺、藤沢、腰越を通過、西鎌倉方面へ。


ちょっと道に迷ったけど、広町の森入り口に到着。 


犬の訓練所入り口で待ち合わせ。 でも、義兄が来ない(笑)


IMG_0967.jpg Img_0972b.jpg

ま、良いか。 大好きな広町の森。 流れる小川沿いに歩く。 蟹はいないなあ。


新緑が若く輝いている。 義兄合流。


お目当ての藤の花は? あったあった。朝陽に淡く輝いてる。


Img_0983b.jpg IMG_0990.jpg IMG_0999.jpg

ちょっと、色づきが薄いかな。 それでも、大きな房が垂れ下がり美しい。


満開までは後もうちょっとだけど、この暑さで数日でしょうね。


奥に入ると、海側の森の中腹、木々の高いところにも見える。 朝陽が昇って見事なコントラストだ。


鳥の巣がある。 きっと巣立っていったんだろうな。 元気かな。 しかし、リスが見えないなあ。


IMG_1007.jpg Img_1038b.jpg Img_1042b.jpg

洞窟の方まではぬかるんでいるので、今日はやめておこう。


今度は反対側の尾根道に回る。 沼にはおたまじゃくしがたくさんいる。


毎年見る光景だけど、本当に嬉しくなってしまう。


尾根道を通ると、さっきまで気がつかなかった藤の花が 「俺は・私はここだ」 というように咲いている。


Img_1046b.jpg Img_1052b.jpg


何となく北海道の大地にあるシンボルのような木。 のぼろうかな。


以前まむしに出会ったあたりを歩く。 今日はいないでしょうな。


もう、何枚撮った?


 一度、七里の実家に帰った後に今度はツツジの隠れた名所 「佛行寺」 へ


途中、鎌倉山を通っていきましょう。 鎌倉のビバリーヒルズ。


でも、空いている土地もあるな。 物納したのかな。


妙な石の塔がある。 何度も通っているけど覚えてない。 何だろうか。


Img_1105b.jpg IMG_1107.jpg
 


鎌倉山の行き止まりというか、極楽寺に抜ける山道里山のところ。


いつも逗子界隈が見える絶景のところ。 以前、日の出を撮ったなあ。


IMG_1109.jpg Img_1115b.jpg IMG_1117.jpg


ちょっと戻って、夫婦池へ。


えー、前と全然違うじゃん。 整備されちゃったなあ。 今は中には入れない。


鯉が泳いでいる。 以前はブルーギルとかいたけど大丈夫かな。


前のちょっと神秘的な感じとは変わって公園のような雰囲気。 意見は分かれるところかな。


IMG_1129.jpg IMG_1137.jpg IMG_1142b.jpg


途中、藤の花のきれいなお家を通ると、佛行寺に到着。


IMG_1145b.jpg IMG_1147b.jpg

おお、来てる来てる。 穴場なんだけど、知る人ぞ知る。 ツツジの名所。


100円払ってと。 満開ではないようだけど、絨毯のよう? こぼれ落ちるようなツツジが美しい。 赤いのは小ぶりだけどかわいい。 池には蓮の花が咲いて、彩りが多い。


IMG_1148.jpg IMG_1151b.jpg IMG_1173b.jpg


山の傾斜に咲くツツジ、見る人のためにスクリーンのように魅せている。

IMG_1176b.jpg


山の上には 「源太塚」 がある。 梶原源太景季の片腕が埋めてあるという。


IMG_1179b.jpg


円形の小高い塚である。 ふーん。 なるほどね。


気持ちは豊か、じゃあ、一杯飲もうかということで、いつもの笛田にあるお好み焼き・もんじゃ焼きの 「いちもんじ」 さんへ。


ここのご主人、浜童と偶然ですが元同業なのです。 お店の名前の由来もなーるほど、良くわかりました。 しかし、今日も美味しいビールです。


と言うわけでGW二日目の充実した1日。


早朝からアクション起こしたから、うちに帰ってもまだ14時30分。


シャワーを浴びて、何する?   「お昼寝」 でーす。 それでは、また。


 

スポンサーサイト

コメント

佛行寺って

良さそうなお寺ですね。僕はつつじが大好きなので
チェックせねば……。

今日は海浜公園行ったのですが、車なので
ビール飲めませんでした。

「いちもんじ」さん、今度探してみようかなあ


佛行寺

尾崎満月さん、GWを楽しまれているようですね。
ここのお寺、普段は静かですがこの時期、写真を撮る人、絵を描く人、ツツジを鑑賞に来る人、少しだけにぎやかです。好きなお寺です。
辻堂の海浜公園ですか。懐かしいなあ、随分行ってません。
辻堂は第3のふるさと、時々仕事で行きますが、だいぶ変わりましたね。
さてと、今日は仕事、土浦まで行ってきます。 原稿チェックは終わりました?

忙しい中・・・・

大変、忙しいようですが、行動力抜群ですね。
自然の藤の写真は素晴らしいですね、大好きです。
青梅線などに乗って、多摩川渓谷を見ていると、はっとするようなことがありますね。
大船植物園のピンクの藤はご存知でしょうね。
バラ園のそばにある・・・
中国では、藤はどうでした??

ふくろう先生へ

先生、いつもありがとうございます。
行動力抜群とお褒めのお言葉を頂きましたが、奥さんには遊んでばかりと言われてしまいました。 一生懸命働いているのにねぇ。
多摩川渓谷ですか、マイバイクで行けるかなあ。
中国の藤ですか? 藤は見られませんでした。
加えて中国のイメージは茶色かな。
土地は空いてますけど、彩りは無かったなあ。
この度行くときがあれば、時間を見つけて彩りを探してきます。

茶色ですか?

やっぱりなんですね。
自然はやはり荒れてしまっているんでしょうね。
開発を最優先にした当時の日本と同じですか??
広いので、奥地はまだまだいいでしょうが。

時に、先生はやめましょう・・そんなガラではありません・・・これからもよろしくお願いします。

ふくろう師匠で宜しいでしょうか。ちょっと偶像化しているので、浜童のイメージが仮想空間で形になっているのですよ。すみません。
ということで、中国上海、常州はカラフルという彩りが少ないのです。
上海はフランスの旧領という感じで建物は確かに歴史的建造物のような感じがします。でも、観光ならまた行っても良いかなと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matteryblog.blog57.fc2.com/tb.php/98-5d9e5abb

矢指の湧き水 | BLOG TOP | ああ、やっぱり日本人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。